一戸建て買収の二つの売却方法の比較

一戸建てなどの不動産を売却する時には、「仲介」と「買取」の方法があります。 どちらの方法も不動産屋が対処してくれるのですが、売却方法は全く違っているのです。 「仲介」の場合は、不動産屋が購入者を探してくれます。 その為、広告料や仲介手数料がかかり、売却時期も3ヶ月から6ヶ月程度かかりますし、場合によっては購入者が見つからないケースもあります。 一方「買取」の場合は、不動産屋が購入してくれますから、広告料や仲介手数料もかからず、 手続きのみの期間おおよそ2週間から1ヶ月程度で売却ができるのです。 このように比べてみますと「仲介」よりも「買取」の方がお得に感じると思います。

しかし、「買取」の場合は「仲介」に比べますと買取価格が低く設定されるケースがほとんどです。 その理由としましては、「買取」で購入した不動産屋はその物件をリフォームしたりして売り出すことがあるからです。 リフォームは当然お金が必要になりますし、リフォームをして売り出したとしても売れるという保証はまったくありませんから、 大きなリスクを背負うことになるのです。ですから買取価格は低く設定されるのです。

ですから、少しでも高く売りたいと考えるのであれば「仲介」の方が適していますし、 早く現金が欲しい、面倒な手続きをしたくないなどの理由であれば「買取」の方が適しているのです。 どちらの方法を選ぶべきなのかしっかりと検討し、一戸建て買収を成功させましょう。